新婦を知らないのに、新婦側の出席者を知ってる。

世の中がいかに狭いかを実感する結婚式に出てきました。

学部、大学院、会社の人的つながりは基本的にないのに…
呼んでくれたのは新郎で、大学院の研究室の同期。
二次会の幹事は新郎の会社の同期だが、私からすれば学部の研究室の同期。
もう一人、私と同じ学部学科だった友達がいたが、新郎の会社の同期。
二次会で披露されたファミ通のパロディ本を作った編集長は
新婦のサークル仲間だが、私からすれば会社の同期。
新婦のことは、新郎から噂を聞くだけで知り合いではない。
…といった感じ。

完全にアウェーのはずなのに、話せる人いっぱい…。
完全にアウェーのはずなのに司会の人にコメント求められた…。

ま、とりあえず、すごく人恋しくなった。
[PR]
by sy_tram | 2010-04-04 10:32 | ケータイから
<< 12日連続勤務、遂行中です。 離陸できたのが奇跡な気がする。 >>