シャッターアイランドを見た。

レオナルド・ディカプリオの映画です。
精神疾患のある犯罪者を収容する島(病院であり刑務所であり)で、
女の人が疾走したという事件が発生して、
保安官のディカプリオが調査に向かうという話。

特徴。
・吹き替えが頑張ってる。口の動きに合うように。超日本語吹替版。
・オチを暗示する伏線がいっぱいある。登場人物の立ち振る舞い。

感想。
・確かに吹き替えで嫌じゃなかった。
・結論はすぐ予想がついた。でも伏線はよくわからず。
・全体的に重たいストーリー。
・アクションはそれなりに頑張ってる。


こういう推理系の映画は嫌いじゃない。
でも、2回は見なくていいかな。公式サイトに、
2回見ると散りばめられたヒントが見えてきて面白いらしいけど。
[PR]
by sy_tram | 2010-04-20 01:16 | ケータイから
<< ガンダムカフェは本社から徒歩1分。 栃木レモンの朝は、車の雪が巻か... >>