郵政民営化での不毛なやりとり。

父の日のプレゼントを実家に送るべく今日の夕方郵便局へ。
すると、なんか、長々と窓口をふさいでいる人が。

お客「浅草郵便局留めで、明日受け取ることできますか?」

   ※ここは千葉県

職員「いわゆる特定郵便局は平日しか開いていません。」

   ※特定郵便局は小学校区に1個くらいある小さい郵便局。
    (厳密には違うけど)

お客「浅草郵便局はどうですか?」

職員「浅草郵便局はどうかわかりませんが、
   通常の郵便局は閉まっています。
   ここのように開いているのは郵便事業会社の窓口です。」

   ※オレンジのロゴが郵便局会社(郵便局)、
    赤いロゴが郵便事業会社(日本郵便)。
    窓口がオレンジで、運んでるのが赤。

   ※ところが、運ぶ拠点のある大きな郵便局には赤い窓口もある。
    今日行ったのはここ。正式名称「ゆうゆう窓口」

お客「だから、浅草郵便局の窓口で、明日受け取りたいんですが?」

職員「日曜日に開いているのはこちら郵便事業会社の○○支店です。
   郵便局会社の○○郵便局とは違うんです。」

   ※○○は行った郵便局。

   ※今日は土曜日で郵便局の営業時間外なので、
    開いているのは郵便事業会社のゆうゆう窓口。

お客「はぁそうなんですか。明日受け取れますか?」

職員「浅草郵便局は閉まっているかと思いますが、
   郵便事業会社の浅草支店はどうかお調べしますので、
   少々お待ちいただけますか?」

       :

職員「浅草郵便局は閉まっていますが、浅草支店は開いています。」

お客「えっと、受け取れるんですね?」

職員「はい、郵便事業会社の浅草支店が開いておりますので。」


職員が言いたかったこと。
  郵便局に送る=休みの日に受け取れないかも。
  郵便事業会社の支店に送る=たぶん大丈夫。
だと思う。

けど、職員の対応が間違っている模様。

「日本郵便支店併設の郵便局(※今回みたいな郵便局)に留めたい場合、
 宛名書きは「○○郵便局留め」と書いても「日本郵便○○支店留め」
 と書いてもどちらでも構わない。」(Wikipedia


職員も職員だが、客も局留めとかマニアックなことするなら、
民営化で会社が変わったことぐらい把握しとけと思う。


という感じで、ワールドカップ観戦ちゅう。
[PR]
by sy_tram | 2010-06-19 20:56 | 日常のこと
<< オルセー美術館展と六本木ごはん。 夕飯誘われました。 >>