運転再開

昨日から JR 宝塚線(福知山線)の尼崎-宝塚間が運転再開。今日、大学へ行くのに利用した。運休中も JR は使っていたが、振替輸送ではなく正規区間を利用するのは、当然事故後初めて。

行きは丹波路快速。様子は事故前と変わらない気がする。4両編成の最後尾に乗る。席を取りやすそうだったからで、先頭寄りを避けたとかではない。大阪を出ると、運転再開の案内と運休期間のお詫びが放送された。

快速は、尼崎から JR 宝塚線へ。だいたい2ヶ月ぶり。乗りなれていたはずの区間だが、落ち着かない。JR 神戸線を超えてカーブして北進。あっという間に3年間の通学で電車で見慣れていた、そしてメディアで何度も写された光景が現れる。窓際の、あのマンション側の席に座っていたが、外は見なかった。横目に踏み切り、マンション、献花台を覆う白いシート、マスコミのカメラ用クレーンが見えた。

速度は確かにゆっくり。逆にそれが気持ち悪い気もする。名神の高架を抜け、伊丹に向かう。加速する丹波路快速。特に、遅い気はしない。十分加速しているし、景色が流れる速さも前と変わらない気がする。事故があったあのカーブ以外は、特別違いを感じなかった。

帰りは、宝塚発の快速 東西線経由同志社前行き。あの快速と同じ経路を通る。大阪行きの丹波路快速に乗りたいが、それは30分に1本で混みあう。15分に1本の東西線快速は、丹波路快速がない時間や丹波路快速に座れないときは以前から利用していた。この時間は丹波路快速がないので東西線快速に乗車。

宝塚を出発。やはり、運転再開の案内とお詫びの放送がされる。まずは中山寺に向かう。あまり加速しない印象。以前も中山寺までは全力では走っていなかったが、さらにゆっくりになった印象がある。中山寺から川西池田。以前もこんな感じだった気がする。

川西池田で普通電車と接続。乗客が増え座席が一気に埋まる。ドアが閉まり発車した直後、引っ張られるように電車が止まる。何事かと思った。ドアに誰かが挟まれたのか、それとも何かあったのか。しばらくして車掌から「列車を緊急停車させる装置が作動しております」との案内。これは、どう考えても ATS のことだろう。どういうことだろう。

しばらくして、ドアをもう一度開閉して発車。3分30秒遅れて川西池田を発車。しかし、時期が時期、不安が募る。何かの前兆ではないか、と。(家に帰って、朝6時台に同様のことが発生していたことがわかった。朝は車両側の ATS 機器が誤作動した可能性、とのこと。) 川西池田を出ると、長い直線を含む区間を走って伊丹へ。急停止が気になっており、はっきりとは覚えていないが、特別遅いとは感じなかった。これまで120キロまで加速していたが、それよりは遅かったのだろうか。

伊丹で客が増え、尼崎へ。これまでこの区間は、120キロの制限いっぱいまで加速していた。とにかく速いという印象があった区間。JR 京都線・神戸線に比べて線路脇の建物が近いということもあって、特に速く感じたところだ。モーター音もうるさい。怖いとまでは思わなかったが、よく揺れてもいた記憶がある。めいっぱいの速さで直線を走った後、強めのブレーキで減速しながら、ポイントを大きな音を立てながら通過、名神の高架をくぐってカーブ、そして「まもなく尼崎」と放送、という感じだった。

しかし、今は違う。伊丹からの加速はほどほどのところで一定の速さになる。安定した走り、という感じだ。しかし、最高速度まで出していないモーター音は比較的穏やかで、その静けさに違和感を覚える。そうしているうちに、猪名寺を通過。事故現場に近づくにつれ、車内もそれらしい雰囲気が漂う。それにしても、モーターが頑張っていない静けさが気持ち悪い。電車が勝手に走っているかのような。かえって不安を募る。

あのカーブ直前にある塚口駅のホームの端が見える、もうそろそろ減速していいはずだ。気ばかりが焦り、ブレーキがかからないのではないかという怖さがよぎる。ギリギリではないか?ブレーキはまだか?・・・・・・駅を通り過ぎた直後、ポイントに差し掛かったあたりでしっかりと減速、かなりゆっくりした速度でガタガタとポイントを超え、名神の高架をくぐる。…事故現場をゆっくりと通過する。

川西池田での遅れの影響で、尼崎には遅れて到着する。連絡するはずの京都方面の快速はいない。そういえば、快速が中山寺に止まるようになってから、この連絡がうまくいかないことが増えていた気もする。“前兆”だったのか、思い込みかはわからないが。

明日も同様に大学に行って、帰ってくる。乗り換えのための宝塚・大阪での徒歩移動、片道2時間以上の通学時間からは解放され、再び片道1時間40分に戻った。体力的には楽になりそうだ。しかし、メンタル的にはしばらく我慢が続く。事故からさほど経たない間、電車に乗っていたときのように。
[PR]
by sy_tram | 2005-06-20 23:55 | JR 脱線事故
<< 連勤モード 今晩… >>