コピー機

大学はただいま試験期間中。今年はもう授業を全く取ってないので試験とは無縁なので、授業期間と変わらず研究室でごそごそ色々やってる。で、今日は昨日見つけた無料の画像処理プログラムのライブラリをインストールすべく奮闘。

途中、先生がやってきて英語の論文をしばらく読むらしいからグループの人の分をコピーしてこいと。20枚両面を4部。で、コピー機のところに行くと人がいっぱい。そう、試験期間中。みんな必死で友達のノートをコピーしてる。

しばらく待ったけど、試験時間終了のタイミングだったのと、かなり時間をかけてる人がいるのとで、一向に自分の番になりそうにないのでいったん撤収。出直すことに。

しばらくしてもう一度コピー機のところへ。列はなくなって、さっき最後尾に並んでいた人がコピーしている。相当コピーしているらしい。しばらく待ってやっとこさ自分の番に。A4 の紙を勝手に取り込んでくれるところにおいて、両面(原稿)→両面(コピー)に設定して部数を押してスタート。後は、勝手にやってくれる。作業不要。

待つ間、前の人が、コピーカードと授業プリントを貸したと思しき優しい友達と話しているのを聞いていると、かなりのコピー量だったらしい。

友達と思しき人「何枚コピーした?」
コピーしてた人「最初(コピーカードの残度数が)七百何十やったけど…」
友達と思しき人「で、今は?」
コピーしてた人「わからんけど、たぶん540何枚ぐらいコピーした」

そんなにコピーしてたのか…。何回か並びなおしたのだろうか。かなりの時間がかかったはず。ぺらぺらめくりながらやってたし。20枚両面の原稿を4部(20枚×2面×4部=160面)コピーしている俺は可愛らしいものか…。

で、そのコピーしてた人、友達に1万円札渡してた。コピー代として、大きいので払いすぎ、ではない。540枚×10円=5,400円…。お釣りのほうが少ない。私的なコピーで一度にそんなにやったことない、というか1枚10円のコピー機で1日に500枚もコピーなんかしないよ、普通。

そんな元気があるなら、授業ぐらい出たらいいのにと思う。精神的に楽だと思うんやけど。
[PR]
by sy_tram | 2005-07-21 00:01 | 日常のこと
<< 7/22(金)24時に ETCマイレージ >>