.com、.net、.org だけじゃない

インターネットのドメインに新しいものが登場する模様。ドメインと言うのは、メールでもインターネットでもアドレスの ~.co.jp とか ~.ne.jp とか ~.com とかの部分。このうち、~.jp は日本のドメインで各国末尾2文字で分類されている(ccTLD)。.com とか .net とか、末尾が3文字以上になっているものは国分類ではなく、(形式的には)用途で分類されているもの(gTLD)。前は3桁=アメリカってイメージがあったけど、インターネットがアメリカから始まったのと、gTLD が先にあって国別の分類があとからできため。で、今日は3桁以上の gTLD のお話。

gTLDって何個あるか知ってますかー?.com、.net だけじゃないの?って思うかもしれないけど、実は14種類ある。たぶん、へ!?って感じだけど。詳しいことはこのへんで。日本でも使われているものだと、誰でも使える .com、.net、.org、最近作られた .info (イオンとか)、ビジネス用の .biz (松下電器とか)など。

で、ニュース。
ICANN、新ドメイン「.jobs」「.travel」を正式認定 - ITmedia

インターネット管理団体「ICANN」が .jobs と .travel を認定して、運営団体を発表したというニュース。他にもいろいろ準備段階のものがあるらしい。個人的には、あまり数を増やさないで、それぞれの長さ(文字数)も短めのほうがいい気がするけど。.travel とか長すぎる気がする。確かに、.com、.net あたりは数が飽和してきている感じもあるので、バリエーションを増やす必要があるのかもしれないけど。

日本は、~.co.jp とか ~.ne.jp とか .○○.jp だけだったのが、何年か前から ~.jp と○○部分がないドメインが使えるようになった。あと、日本語のドメインができた。http://総務省.jp/とか。まだ、ソフト(プラグイン)をインストールしていないとだめだけど、世界的に各国語のドメインの実現が検討されている。これも、どうなんだろうと思う。覚えやすいかもしれないけど、日本語とアルファベットが混じっていると入力が面倒だし、会社とか組織とかお店の名前で、漢字までしっかり覚えてないことって意外と多いし。まぁ、英語にしたとたん、見慣れない難しい単語になってしまうときならばともかく。

いま、総務省のサイトを見ると総務省の英文表記が変更されている。省庁再編で発足時は 「the Ministry of Public Management, Home Affairs and Posts and Telecommunications」というように、再編前の省庁の担当業務をつないだ長ったらしい名前だったが、去年の9月から「Ministry of Internal Affairs and Communications」(略称:MIC)に変更。役所の縄張り意識と批判されていたけど、やっと脱却した模様。
[PR]
by sy_tram | 2005-04-09 23:50 | ニュース・教養
<< 勝手にPC位置決定 研究室 >>