最高裁が違憲判決・・・在外選挙権

在外選挙権の制限は「違憲」 最高裁判決 - 朝日新聞
海外に住む日本人らが、国政選挙の選挙区の選挙権行使を認められていないことをめぐり、選挙権を行使できることなどの確認と、慰謝料の支払いを求めた訴訟の判決が言い渡された。最高裁は「公選法の規定は憲法に違反する」と断じ、海外在住者も次回の衆院小選挙区と参院選挙区で選挙権を行使できると確認。1人あたり5千円の慰謝料を支払うよう命じた。(抜粋)

暇じゃないのに、話題を拾ってしまった。最高裁の違憲判決は戦後7件目、公職選挙法の違憲判決は3回目。選挙権が憲法で保障されてるのに、公職選挙法がいい加減な感じなんかなぁ。とりあえず、公職選挙法は改正しないといけなくなった。
[PR]
by sy_tram | 2005-09-14 16:42 | 勉強・研究
<< 帰れない... 生きてます >>