ライブドア・フジテレビ和解

フジTVとライブドア、資本・業務提携合意を発表 - 読売新聞 / Yahoo! ニュース

今日はこの話題やろね。いろいろ言いたいことはあけれど、たまっているタスクを処理したいので、長文を書くかは未定。とりあえず思ったことだけ。

ライブドアは、確かにどう転んでも損はしないやり方(つんでいる状態)だった。結果として相当な投資をもらえた上、メディアと IT を融合した事業をできる可能性が残った。ニッポン放送は、ラジオ事業に手をつけられることはなかった。以上2社はおそらく負け組にはならなかった。フジテレビは、無事ニッポン放送を完全子会社化できる。でも、TOB をつつがなく実施できた場合の想定額よりも相当多くの費用をつぎ込むことになった。しかも、ライブドアと未知のビジネスに投資していかなければならないかもしれない。この和解の方法が良かったか悪かったかはもうしばらく判断が必要。絶対勝ち組なのは、リーマンブラザーズ。相当額の利益が出たはず。あと、村上ファンドもニッポン放送株の売買益が割と出ているはず。
[PR]
by sy_tram | 2005-04-18 23:53 | ニュース・教養
<< 社会人になってからドクター取得不可 ミスが発生する環境 >>